■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年04月27日

ユーロ建ての銀行間3ヶ月物金利

欧州市場では、ユーロ建ての銀行間3ヶ月物金利が上昇を続けてい
て、過去2ヶ月間で0.46%上昇し、今日の指標金利は4.83%となりま
した。この水準は昨年12月18日以来の高水準で、欧州の銀行間の信
用リスクへの懸念が再び強まっている事が判ります。(ECBの政策
金利4%と整合的なレベルを大幅に上回っています。)

ECB筋から、利上げの可能性の言及があり、これがユーロド
ルの1.60ドル台乗せをもたらした訳ですが、銀行間市場の金利が既
に上昇している現在、ECBが利上げすれば、更なる市場金利上昇が
現出します。この為、欧州の銀行の決算に多大な影響が出るととも
に、益々貸し渋りが強まる事になりますから、利上げは簡単な事で
はないと思われます。

その一方で、欧州のインフレ率は確かにECB発足後の最高水準にあ
り、インフレの番人を自認するECBとしては引き締め気味の政策を
維持すると提唱し続ける事は必須となり、結局、ユーロドルは下が
り辛い状況も続く事でしょう。それに、もしユーロ高無しに、この
原油高、食料品の値上がり状況が続けば、欧州のインフレ率はもっ
と高いものとなっていたはずですから、ECBとしてもユーロ高は痛
し痒しでもある訳です。

今日は、又、ユンケル・LUX首相が口先介入し、ユーロドル、ユー
ロ円ともに一時値下がりする動きが見られましたが、先程から、ユー
ロドルは反発していますし、ユーロ円も164円台半ばまでは値を戻
しました。まあ、ユーロ円はドル円の上値がそれなりに重い事から、
なかなか目に見えた上昇を見せてはくれませんが、逆にドル円が急
落しない限りは大きく値を下げる事も無いでしょうから、ドル円の
動きを注視しながら、ロングポジション・キープで、じっくりと上
昇を待つスタンスを続けようと思っています。
posted by 為替取引FXnavi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

最近気になるドルキャリートレード

昨日のドル円の上昇は正直想定外でした。重いと見られていた103.00円
の節目をあっさり上抜け、それより上のストップの買いも巻き込み
ながら、104円台前半へ上伸です。きっかけはシティの決算発表でし
たが、結果云々というよりもとにかくドル買い、しかもドルを買い
急いでいた印象に見えます。これまでドルを売り持ちにしていたプ
レイヤーの買戻しが加速、その中には損失覚悟の買戻しも含まれて
いたのでしょう。市場では相当ドル売りポジションが積み上がり、
今夜まさにその手仕舞いが駆け込みのように行われたようです。
ドル円が上昇したことにより円売りを伴ってクロス円も全面高となっ
ています。決算を受けて株高になっていますので、これは円キャリー
の動きのようです。

ドル円はテクニカル的に、日足チャートで上値を抑えていたシグナ
ルが悉く破られてしまいました。まず、12/27高値114.65円を起点と
するレジスタンスラインが今日、上に破られました。そして一目均
衡表の雲の中に突入し、雲の抵抗としての役割も終えてしまったか
のようです。さらに、12/27高値114..65円から3/17安値95.75円まで
の下落の38.2%戻し102.97円も抜けてしまいました。ドル安の流れ
は終わった!という声もディーリングルームから聞かれています。
来週以降、ドル円はどうなるのか、正直予想しかねる状況ですが、
いずれにせよ今夜のようなパニック的な相場の時は、週末要因の乱
高下もあり、手を出さないのが無難だと思います。休むも相場のと
きかもしれません。ただ、今日の動きがポジション調整のドル買い、
ということであれば、週明けはドル売り。ドル円もじりじり下げて
いくのではないかと予想されます、そもそも、今週は米住宅指標で
は一段と悪化し、フィリー(フィラデルフィア連銀指数)も大幅悪
化となったにもかかわらず、ドル売りが僅少に過ぎなかったのが、
むしろ不思議・不自然な動きだったのではないかと思うのです。米
景気や金融市場に話題が向いて、雇用の減少、景気指標の低下、そ
して金融市場安定化の試練は始まったばかり。そういった話題がい
ずれ蒸し返されれば、再びドル売りが加速すると考えられるのです
が・・・。

ただ、最近気になるのは、ドルキャリー、という言葉が聞かれるよ
うになったことです。円同様、ドルもまたキャリートレードの手段
となってきているのではないかということです。そうなると、米景
気やファンダメンタルズの悪化が、必ずしもドル売りには結びつか
なくなります。ただ、これについては今は「気になる」とだけして
おいて、また改めて考える機会があれば、と思います。
posted by 為替取引FXnavi at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

英蘭銀行の利下げ

英国の新聞をチェックしていたら、昨日、英蘭銀行が利下げしたに
も関わらず、英国の市中銀行は住宅ローン金利を上げたそうなので
す。住宅ローンの貸し付け額で第2位のネーションワイドは、過去2
週間に2回もローン金利を引き上げたそうで、英蘭銀行の利下げ効
果が無いとか、騒ぎになっているらしいのですが、英20年国債の利
回りは過去2週間で0.1%程上昇しているので、固定金利が上がるの
は当たり前です。長期国債の利回りはインフレ懸念が強まれば上が
ります。足元の政策金利とが下がる事で、将来のインフレ懸念が強
まった為に、この逆の動きが起こった訳です。ただ、その新聞記事
では、世界的に信用不安がモーゲージ金利を押し上げている為とか
書いています。ですから、英国の輿論が、住宅金利を下げる為に英
蘭銀行はもっと利下げすべきとか言い出す可能性はあります。そう
なると、来週もポンド売りが強まるかもしれません。
posted by 為替取引FXnavi at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカ(ランド)の利上げ決定について

先日、南アフリカが利上げを決定しました。
この国の利上げの発表は、中銀総裁が会見を始め、色々な事を話し
ているなかで利上げ決定のコメントを述べる形式を取っています。
ですので、何時何分に発表というECBやFRBと違って、会見が始まっ
たらずっとニュースに目を向けて無くてはいけないので厄介です。
そして、昨日の利上げで11.5%まで政策金利は上がりました。日本
より11%も高いわけです。しかし、総裁は「インフレ見通しの一段
の悪化」を示唆しました。更に利上げを敢行する可能性もあります。
高金利なので日本の個人投資家は南アの通貨ランドを買ったり、債
券を随分買っていますが、中銀がインフレを抑えられない状況が続
いているのは少々不安です。国家に信用が無くなると、その国の通
貨は通常売られる事となりますので、南ア向け投資をしている方々
はこれから金利が上がったと、喜んでばかりはいられません。特に
情報の入りにくい、日本から遠い国なので、無理せず取引したほう
が良いかもしれません。
posted by 為替取引FXnavi at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

米大手金融機関に新たな心配の種

またしても、米大手金融機関に新たな心配の種が見られています。
米証券取引委員会に対して、大手投資銀行が提出した書類上、価格
評価を行うのが難しいレベル3と呼ばれる資産を、2月末の時点で、
各社とも相当な規模で保有しており、当然、これが新たな評価損に
つながると心配されていると云うのです。今まで、サブプライム関
連の損失が殆ど出ていなかったG社が最も多くこのレベル3資産を保
有しているらしく、市場では、金融株主導の株安への警戒感が再び
強まりそうな感じです。

それから、日本の金融市場では、白川日銀総裁誕生と、財務省出身
の副総裁不在により、日銀の独立性が強まり、寧ろ、日銀は利上げ
がし易くなるとの思惑も出始めているみたいです。こうした事も、
何とは無しに円を押し上げている可能性があるようです。

まあ、昨年、モノラインの話が最初に出て来た時も、特に大きな市
場への反応は見られませんでしたが、結局、時間差攻撃のように、
後から大騒ぎになりましたから、レベル3の話には要注意です。
posted by 為替取引FXnavi at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

高金利通貨のトルコリラ,南アフリカ・ランド

外国為替取引の普及に伴い、各会社では高金利通貨のラインアップ
に力を入れているようです。このところ特にトルコリラの取り扱い
をしている会社さんも増えつつあり、そして、トルコリラを取引す
る方々も多くなってきたようです。高金利・・・日本が際めて低金
利のため、高金利に資金が向かうのはある意味当然ですが、しかし、
高金利通貨の場合、その金利が高くでもその国の政治や治安が悪け
れば急落リスクのほうが高まってしまうということにも注意が必要
です。トルコは、政府が政治の方向性をめぐって、政府と検察が対
立しているようです。

高金利通貨で、人気の高まっている南アフリカ・ランドもまた同様
です。4/10の金利発表では0.25%引き上げ、11.25%の利上げが予想
される、超高金利通貨ともいうべきものですが、ランド円相場の実
態は3/17に11.61円まで下落した後は反発したものの、13円台でもう
頭打ちの感が漂っています。南アフリカ共和国では政局不安に加え、
電力不足が深刻で、主力の金生産の滞りが続いている状況があるか
らです。治安の悪化や政情不安の長期化がさらに頭を押さえる可能
性もありますので、情勢のチェックも重要です。なお南アフリカの
利上げについては市場の予想は据え置きの声も大きく、利上げ派と
ほぼ拮抗しているとの情報もあります。
posted by 為替取引FXnavi at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

昨夜の米国雇用統計

昨夜の米国雇用統計は悪化は予想済みだったものの、失業率は2年半ぶり、非農業部門就業者数も3ヶ月連続の減少となり、労働市場は一段と厳しい状況となっていることが窺えました。

ただ、雇用統計悪化の割にはNYダウが底堅く下げ幅限定の動きとなっていることから、ドル円も101円台半ばでは下げ渋っています。
ひとつには、102円台で売っていた向きがショートカバーの買戻しに動いていることが挙げられますが、他にも本邦輸入企業の買いやアジア系の買いも101円台半ばから後半で出現しており、ドル円を支えているようです。

ただ、昨夜の下落で、戻り売りの局面を迎えたという印象を強く感じます。昨日のドル円の高値は102.91円でしたが、これは12/27高値114.65から3/17安値95.75円の38.2%戻しが102.97円に当たり、その手前で抑えられたことになり、テクニカル的にも上昇一服したとみられるからです。
posted by 為替取引FXnavi at 17:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。