■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年05月31日

FRBのミシュキン理事が辞任を表明

FRBのミシュキン理事が辞任を表明しました。FRBは議長、副議長と
5人の理事によって構成されており、ここにNY連銀総裁と4人の他地
区連銀総裁が輪番制で加わって、FOMCが開かれます。しかし、米国
でもブッシュ政権は共和党なのに対し、議会は民主党優位となって
いる事が影響して、現在、理事が2名空席となっており、ミシュキ
ン氏の辞任により、3名空席の異例の状況になってしまいます。民
主党は次の大統領選での政権奪還を考え、来年まで、FRB理事の承
認はしないようですから、暫らくはこの体制でFOMCが行われる事に
なります。

ダラス連銀のフィッシャー総裁が、「インフレが悪化すれば、
早めに利上げしたい」とか、「景気低迷下でも利上げは出来る」と
か発言されていました。このフィッシャー総裁のように、最近、FOMC
に投票権を持つ地区連銀総裁の鷹派的な発言が目立っていますよね。
4人の地区連銀総裁が利上げを主張した場合、バーナンキ議長が反対
したとしても、理事の一人が利上げに賛成すれば、5対4で利上げが
決まりますから、FRB理事3人空席となる事が、米国の利上げ開始を
早める可能性も出て来る訳ですね。

取り敢えず、金融市場のシステミック・リスク(連鎖倒産リスク)
が収まっているのですから、インフレに対する警戒感からの米利上
げはかなり可能性が高まって来ました。となると、「この道はいつ
か来た道」で、石油ショックにより、米国が利上げして、ドルが上
昇するのですが、米国景気がドル高により一層悪化して、プラザ合
意のような人為的ドル安政策が待っているのかもしれません。しか
し、バーナンキ議長等はドル安が輸出増につながり、米景気にプラ
スと考えている事も事実ですから、今回はインフレ防止の利上げ前
に、もっとドル安にして置けば、ドルが戻って丁度いいレベルにな
るってなシナリオも考えられるかも知れません。
posted by 為替取引FXnavi at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪ドル円,6/3の政策金利発表では利上げの可能性

豪ドル円は100円台しっかりの相場となってきました。本日は一時
101円台も示現し、レジスタンスバンド(抵抗帯)を抜けたと言っ
ていいでしょう。6/3の政策金利発表では利上げの可能性もありま
すが、4日の第1四半期GDPが強い数字になるとの見通しもあります。
昨日の第1四半期建設完工が前期の▲0.8%→+2.3%と大幅に改善さ
れたため、GDPの数字に大きな影響を及ぼす可能性が高まっている
ためです。ともあれ、豪ドルは買い材料があり、買い安心感が強い
ため、今後もしっかりと上昇していく可能性が高そうです。ちなみ
に本日の指標は悪化したものの、下げは100.63までなので押し目買
いを狙っている向きが増えてきたことが窺えます。高いレベルなの
で素直に買うのは度胸が要りますが、昨年の高値は107円台ですか
ら、まだまだ上値余地はありそうです。
posted by 為替取引FXnavi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米連邦預金保険公社(FDIC)

米連邦預金保険公社(FDIC)が本日、サブプライム問題で米銀行の2008
年1-3月期の貸倒引当金が過去最高の371億ドルに達したことを明ら
かにしました。前年同期が92億ドルなので約4倍!。現在のデータ
に基づくと、向こう数四半期は貸倒引当金が増加を続ける見込みだ
そうです。引当金を積み増す余力のある銀行はイイのでしょうが、
体力の無い銀行も中にはあって、日本の金融機関混乱の時みたいに
貸出先の評価を過小にしていた(ホントは要注意先なのに、健全に
していたなど・・)ということが無ければイイのですが・・。。現
在は原油相場を睨んだマーケットになっていますが、いずれ金融機
関の動向(→決算や評価損計上など)にまた目が向けられた際に思わ
ぬ悪材料が出るやもしれません。。
posted by 為替取引FXnavi at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

「原油本位制」のマーケット

先週、今週とニューヨーク時間の値動きをウォッチしていますが、
日本時間で1時(ロンドン時間で17時)を過ぎると急に値動きが乏し
くなります。しばし静かになって、NY株式市場の引け間際にまた賑
やかになって・・という感じです。本日も相変わらず「原油本位制」
のマーケットでございまして、NY時間の朝方は強い米耐久財受注と
原油相場の軟調地合いを材料視し、株高&ドル買い/円売りとなっ
ていたものの、一時125.96ドルまで弱含んだNY原油が現在は131ド
ル台に急反発していることから、株安&ドル売り/円買いとなって
いるようです。原油反発のきっかけはモルガン・スタンレーの北海
ブレンド原油が1バレル150ドルまで上昇する!という内容のレポー
ト発表の模様ですが、こういう日にはネガティブなニュースも相次
ぎまして、モノラインのアムバックが損失計上を発表!、自動車大
手フォードが米国内で12%の人員削減を発表!、JPモルガン証券が
米証券大手3社の4-6月期と08年通年の利益予想引き下げ!などなど、
逆にNYダウの下げが50ドル安まででおさまっていて、底堅い!と感
心してしまうぐらいです。。

posted by 為替取引FXnavi at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

ニュージーランドは乳製品の輸出に大きく依存

今週半ば、久々にある外銀ストラテジストさんのお話を聞きにいく
機会がありましたが、そのお話の中では今年はとりわけポンドとNZ
ドルは弱気になるだろう、との見通しでした。それ以外にも、豪ド
ルも若干の弱気、ドルも弱気としていましたが、ポンドとNZドルは
これまで高金利通貨として脚光を浴びていただけに落ち込みも激し
いだろう、とのことです。
ポンド・・・は、英国で実質賃金の低下が著しく一般家計の消費が
圧迫されているほか、家計のローン借入能力の低下も著しいようで
す。特に主要国との比較で、英国の家計は総じて可処分所得以上の
借入をしているのだそうです。一方で英国でインフレが進んでいる
ことは、同国のCPIやPPIの数字からみて鮮明です。これらの状況は
決してポンドにとってよい状況ではないだろう、とのことでした。
もっとも今週の動きはポンドドルは反発基調でしたが、昨年11月に
つけた高値からのレジスタンスは必ずしも崩れているわけではあり
ません。どこかで下降トレンド再燃、のシナリオには注意したほう
がよいと考えられます。
もうひとつのNZドル・・・は、ニュージーランドは乳製品の輸出に
大きく依存しており、昨年は旱魃の影響で乳製品価格が上昇したこ
とがNZドル上昇をもたらしましたが、今年は降雨が予想され乳製品
も下がると予想されるため乳製品下落を通じてNZドルも下落する、
というお話でした。この天候絡みのシナリオは個人的には半信半疑
に思いますが、NZでも景気減速は懸念されており、またオーストラ
リアと違って鉱産資源を大規模に産出するわけでもないため、原油
や金の上昇はインフレや住宅ローンなどマイナス要因に作用しても
プラス要因には作用しないでしょう。そう考えたとき、NZドルも下
がらざるをえないのかもしれません。実際、NZドル円の最近の動き
をみても上にいくような兆候はあまり感じられませんので・・・。
posted by 為替取引FXnavi at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外為市場のメインテーマ原油価格

一旦上げ止まったかにみえたNY原油が再び息を吹き返してい
ます。135ドル台に乗せるなど上昇の勢いが失速しない中で、外為市
場のメインテーマも原油価格・・・原油はまだ上昇を続けるのかOR
天井を打つのか、となっています。年初から半年足らずで30ドル超
の上昇、100ドルから130ドルとなり、普通なら過熱感十分といった
ところです。メディアでは年金資金の原油市場への流入(このこと
は前回も取り上げたことがありましたが)、や、商品高を背景に欧
米中心に先物分散投資ファンドが急拡大しており、いずれもが商品
価格の押し上げ要因になっていることが報じられていました。
しかしマーケットでは、現水準では決して過熱感はなく、あくまで
需給要因による上昇を主張する声のほうが強まっているように感じ
られます。シカゴIMMの原油先物の通貨ポジションを見た場合、原油
の買いポジションは例年ほど特段拡大しているわけではありません。
一方、2008年の原油在庫は過去4年間のうちもっとも低い水準にあり、
世界的な需給逼迫が数字上でも明らかになっています。
原油一段高によって、原油高とドル安との関係が一段と強まりまし
た。原油高がドルを下げるのか、あるいはドルが下がるから原油高
となるのか、といえば、両方いえるようです。このことが、さらに
買いが買いを呼ぶ状況を生み出しているともいえます。
なお原油高でユーロドルは上昇する傾向がありますが、この背景に
は産油国がモノを輸入する場合に米よりもユーロ圏から多くを輸入
している、すなわち米よりもユーロ圏から多く買い物をしている、
といった事情もあるようです。
posted by 為替取引FXnavi at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

自動ストップロス制度

投資の初心者にありがちなミスとして最も多いパターンの一つは利
食い損ねて、損切りに至るケースです。相場に対峙するものに対す
る言葉で、「いつまでも相場は一方向に動くと思うな!」と言う文
言があります。思い通りに動いている相場もいつかは反転すると言
うことです。そして、それを見極めて欲張らずに利食いを入れない
と、利益は手に入らないと言うわけです。皆さんの中にも、上手く
相場が動いて喜んでいたら反転し、また良い方向へ行くだろうと思っ
て見ていたら、結局もとのレベルに戻ってしまったと言う経験をし
た方もいると思います。人間は欲張りな生き物ですから、含み益が
増えると、「もっと、もっと」と気持ちが大きくなり、利益を確定
できなくなってしまうものです。これも考え方の一つですが、以前
説明した分割決済を利用するのも手です。半分利食っても、まだ半
分も残っていると言う考え方が出来れば分割決済は非常に有効です。
そして、別の方法として今回話をするのは逆指値です。
通常、逆指値は損切りの為に使う注文手段と考えられていますが、
利益が目減りしないために使うことも可能です。例えば100円で買っ
たドル円のポジションがあったとしましょう。これが105円まで上昇
しました。しかし、今は104円。もう一度105円に入ったら利食いと
入れようと思うことは良くあります。しかし、得てしてこういった
場合、105円には行かず、ズルズルと下落し100円を割り込むような
ことになります。そして結局98円で損切りを余儀なくされたりする
ものです。このような場合、104円の時に103円で逆指値を入れます。
するとその逆指値の執行は実は「利食い」となります。もし、下落
することなく105円に上昇してもよし、下落して損切りがついても3円
の利幅は確保できます。105円よりも上がると思うなら、105円に指
値を入れずに105円になった時に逆指値を103円→104円へ引上げるの
も手です。『選べる外貨』では自動ストップロス制度があり、コー
スの種類によって逆指値の幅が決まっています。しかし、それにと
らわれることなく、上記のように自分で逆指値を変えていくことが
出来るようになると、より利益を確保する機会が増えるようになる
でしょう。良かったら試して見て下さい。
posted by 為替取引FXnavi at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

NY原油先物が史上最高値

NY原油先物が1バレル127ドル台を付け、史上最高値を更新したこと
から、産油国通貨が買われております。カナダ円が105円台に乗せ、豪ドル円もホントに100円台に乗せそうな勢いです。景気減速懸念が強まったとかで、4月の前半ぐらいにカナダ円が100円割れ、豪ドル円が90円台に弱含んでおりましたが、それがウソのように現在は上昇基調を強めております、ユーロドルは一時期のように原油に連れた値動きを見せないようになりましたが、この2つの他にNZドル円あたりもそうですが、まさに産油国通貨(→資源国通貨!)ですね。確か昨日あたりに、米ゴールドマン・サックスが需給逼迫を理由に原油価格見通しを1バレル141ドルに引き上げたことが報道されていましたが、マーケットでも当面の上値メドとして140ドルが意識されているようです。景気減速→需要減少懸念などで一時は弱含む様相を見せていた原油先物でしたが、ナイジェリアの政情不安(→パイプライン爆破!)に加え、中国の地震で一部発電所が操業を停止し、電力供給能力が低下したことから「中国国内の発電所向けディーゼル油輸入が高まる見込み!」という観測も出てきたとか
で、当面下がる兆候はないみたいです。
posted by 為替取引FXnavi at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミシガン大消費者信頼感指数のサプライズ

ミシガン大消費者信頼感指数は二つの意味でサプラ
イズがありました。
ひとつは予定時刻より5分前倒しで発表されたことです。前回も同
様に5分前の発表だったと記憶しています。その理由は定かではな
いものの、ミシガン-の発表時刻には今後も注意が必要です。
そしてもうひとつの--こちらが重要なのですが--サプライズは1980
年6月以来、28年ぶりの低水準となったことです。この指標の発表
と同時に声明も出るのですが、その中では、食料やエネルギー価格
の急騰が要因で低下したとの見解が示され、このところの原油高、
そして派生する燃料、食品価格の上昇が信頼感指数の低下に繋がっ
ていることが浮き彫りになりました。そして、景気が上向くとの期
待感は殆ど見られず、としています。
1980年代といえば米国がスタグフレーションに陥っていたときであ
り、今回も景気減速懸念の中で原油高がおさまらず、スタグフレー
ションへの入り口に近づいているムードは否めないと思います。ま
たスタグフレーションの、特に物価上昇については、低所得層の家
計のほうが相対的には打撃が大きいと考えられますので、経済格差
もまた懸念されます。
改めて米国景気の先行きが気になります。
posted by 為替取引FXnavi at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ポンド円のヘッド&ショルダー(H&S)形成に向けたショート戦略

昨年の年末から今年の年始にかけて、大成功となったディールはポ
ンド円のヘッド&ショルダー(H&S)形成に向けたショート戦略
でした。そして今、週足のチャートを見てみると、今度はポンドド
ルが変則形ではありますが、H&S形成に向かっているように見え
ます。ポンドドルはここ数日、頭の重い展開が続き、今日も1.95ド
ルの大台を割り込んで推移しており、年初来安値(1/22安値=1.9341)
が近づいて来ました。ここを割り込み、下げ足が加速すれば、1.90
ドル近辺まで値下がりするかもしれません。そうなると、チャート
上は、H&S形成のネックライン割れとなり、1.70ドル目指しとな
る訳です。まあ、テクニカルのみでそうなる訳ではありませんから、
英経済のファンダメンタルズに関しての悲観的な観測が強まる必要
もあるのでしょうが、この下げには期待してみようと思っています。
そして、材料が揃い、徐々に皆さんが意識するようになると、、ロ
シア勢あたりから仕掛け売りが続く事になりますから、要注目です
ね。ポンドは数年に一度は暴落すると云われている通貨ですから、
逆に、ポンド円をロングにしている人は気を付けたほうが良いかも
しれません。
posted by 為替取引FXnavi at 01:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーナンキFRB議長の講演

先週、ドル円は週初こそ105円台に乗せる場面も見られましたが、
週後半は売りに押され金曜日には102円台へと下落し、1週間の値幅
は2.97円と比較的大きな動きが見られました。米国の景気底打ち、
利下げ局面の終焉がマーケットの話題になりつつあるものの、欧州
圏の景気見通しの悪化からユーロが売られる展開となり、ユーロ円
主導でドル円、クロス円は値を下げた格好となっています。原油価
格も上昇が止まらず、景気への影響が不安視されるようになってい
ます。今週、米英欧では多くの経済指標の発表が予定されています。
また、バーナンキFRB議長の講演などもあり、相場の材料は非常に
多い1週間となります。指標結果やコメントの内容に振れ易い相場
展開が予想されますが、一部ではドル円が再度100円を割り込むと
の声も聞かれ、特に円高方向への相場の動きは速いので注意が必要
です。
posted by 為替取引FXnavi at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

米国債利回り上昇

ご承知の様に、昨今のサブプライム問題により、米国の大手銀行が
次々に巨額の評価損を計上する等、深刻な信用危機が浮上しました。
こうなると、当然、金融株が売られ、これが株式市場全体の地合い
をかなり悪化させたのが、3月中旬で、NYダウは3月10日に年初来
安値を付けています。又、債券市場全体では、国債、地方債、社債
等、信用度の異なる商品が取引されており、信用不安が高まれば、
国債買い・社債売りの動きも見られます。市場でよく言われる「質
への逃避」の動きと云うのは、国債買い・株売りのみでは無く、国
債買い・社債売り等も指しています。この社債が絡んだ、「質への
逃避」の動きにより、米2年国債利回りは3月17日に1.349%まで低下
しました。丁度ドル円が95.75円まで売られたのと同日です。

米政策金利(FF金利)は3月18日のFOMCで0.75%下げられ、2.25%
となった訳ですが、17日の時点では、利下げが完全に織り込まれて
いたとしても、1.349%の2年国債利回りは行き過ぎだと思いませんか?
例えば、2.25%の政策金利の時に2年国債を買い、その1年後に政策金
利が1%に下がったとして、そこから正当化される利回りは2.25%と1%
の間である1.625%程度になる訳です。とすると、1.3%程度の利回り
を正当化する為には、半年後には政策金利が1%程度まで下がり、し
かもそれ以降の1年半もその1%が維持されなければならない事となり、
利下げペースやインフレ見通しを考えても行き過ぎだとの意見が百
出しました。でも、実際に利回りは1.3%台まで一気に低下を見せま
した。これが、安全な資産を求めての「質への逃避」の動きなので
す。しかし翌、3月18日からは、2年国債利回りは上昇に転じ、先週
末には2.46%程度まで戻しています。

この「質への逃避」の米国債買いと、「リスク回避」の円買いは非
常に近い関係にあります。前述のように米国債利回りが此処数年来
の最低を記録した3月17日にドル円は95円台の約13年ぶり安値を記録
した訳ですし、その後、米国債利回り上昇とともに、ドル円もじり
じりと値を戻す展開に移行しました。両者のチャートの動きはかな
り相似していますから、債券利回りが大きく動いた時には、ドル円
も大きく動くと思った方が良いのです。
posted by 為替取引FXnavi at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油が史上最高値を更新

NY原油が史上最高値を更新し、一時120.21ドルをつけました。NY原
油が100ドル乗せとなったのが日本の年末年始。そして日本の大型連
休GW中に120ドル台乗せとなるのは、何か因縁めいたものもあるので
しょうか。上昇の背景も需給要因もさることながら、技術的な要因
によって一気に120ドルを突破したということです。
原油高といえば、しばしば注目される加ドル円は堅調に推移し、NY
時間では今日の高値圏である103円台後半となっています。今日の高
値103.88円をブレイクすれば、4/30高値の104.10円も時間の問題で
はないでしょうか。
一方、同じ資源国通貨として取り上げられる豪ドル円やNZドル円は
少し様子が違います。米国経済指標でドル円が上昇した場面では連
れ高したものの、原油高に対しては殆ど目立った反応が見られませ
んでした。これらの通貨ペアはいまや原油高が必ずしも素直に支援
材料とはならなくなっているようです。
なお、原油が史上最高値となった場面で、ドル円が105円割れを窺っ
たり、ユーロドルが強含んだりと、原油高イコールドル売りの反応
が見られたように感じられます。原油高のインパクトが強まってい
る以上、昨夜のように、原油高がドル売りに反応するという場面は
今後もたびたび見られるかもしれません。NY原油が天井を迎えない
限りは。
posted by 為替取引FXnavi at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英中銀金融政策委員会MPCの政策金利発表

8日に英中銀金融政策委員会MPCの政策金利発表が予定されており、
予想は据え置きとなっていますが、英中銀のMPC前に定例で行われる
「影のMPC」が日曜に開催され、そこでは5対4の僅差で据え置き、と
の結果が出たようです。さらに2名の委員からは、さらに0.50%の利
下げが必要、との意見が出た模様です。英国ではまだまだ景気減速
懸念や金融システム混乱への懸念が強く、再び追加利下げ観測が強
まる可能性もきわめて高いと考えられます。今夜の反発が「騙し」
もしくは「戻り売りのチャンス」となるのか・・・。なお、金利発
表までの指標は少なく、7日に発表される英国鉱工業生産、同製造業
生産は前月比-0.1%、同0.0%と、弱めの予想となっています。いずれ
にせよ、弱気の噂が多い中、休日の中でのポンド上昇には惑わされ
ないことが肝要だといえそうです。
posted by 為替取引FXnavi at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ポンドドル相場の傾向

今の市場は基本的にドル買い材料には反応しますが、ドル売り材料が発表されたしても、予想から大きく悪化しない限りはあまりドル売りが長続きしない、という地合いになっているようです。このままひたすらドル買いが続く、とも思えませんが、少なくともドル売りで立ち向かうのはかなりタイミングがよくないと難しいそうです。

さて、私がおとといぐらいから密かに「いつまで続くかな?」と思っ
ていたものに今週のポンドドル相場の傾向があります。日本時間で
ご覧になっている方には綺麗に見えないかもしれませんが、ロンド
ン時間で区切った日足のチャートを見ると、綺麗に陽線→陰線→陽
線→陰線と一日ごとに交代しており、まるでシマウマの柄のようで
す。このような事象が現れる根拠も思い当たらないので、怖くてこ
れに基づいたトレードはできませんが、実際にお金を張ったディー
ル以外にも、このような「なんでか説明つかないけど面白いな」と
思われるチャートを発見するのもディーラーの一つの楽しみです
posted by 為替取引FXnavi at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。