■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年07月05日

国連安保理がイランに対して提案した「ウラン濃縮停止プラン」

昨日はNY市場が休場のため、非常に静かなマーケットでした。
そんな中、国連安保理がイランに対して提案した「ウラン濃縮停止
プラン」に、イラン政府が一定の理解を示して「建設的な回答」を
したそうです。
一部では、「かつて「悪の枢軸」と言われた北朝鮮に対し、米国が
柔軟な政策を採り始めているが、これは対イランに集中するための
準備ではないか?」と噂されています。イランのアハマディネジャ
ド大統領は「自国の防衛に関しては絶対に譲らない」という趣旨の
コメントをつい最近発していましたが、「表の対応と裏の対応が違
う」ことは、国際政治の場では「常套手段」ですので、双方が考え
ている本音がどこにあるのかは、なかなか解り難いところです。
ただ、国連や欧米のみならず、世界中が原油価格や食料価格の上昇
を懸念していることは事実ですので、中東問題に一定の歯止めがか
かることで原油価格が少しでも下がることを期待している人は多い
でしょう。特に「燃費」の悪いアメリカ経済にとっては、原油価格
下落→NYダウ上昇→ドル高というシナリオは喉から手が出るほど欲
しい情報ではないかと思います。(
posted by 為替取引FXnavi at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。