■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年07月26日

7/31の第2四半期GDP速報値、8/1の7月雇用統計

米景気の先行き懸念、原油価格の反発の可能性、そして金融機関の損失拡大懸念といったテーマが横たわる限り、ドルに対する楽観論はまだまだ禁物のように感じられます。
来週の注目される米経済指標は、7/31の第2四半期GDP速報値、
そして8/1の7月雇用統計です。GDPは前期比年率+2.0%、個人消
費は前期比+1.3%と前回より強めの予想です。(前回=第1四半期
はそれぞれ+1.0%。+1.1%)、一方の雇用統計・失業率は5.6%と
前回の5.5%から悪化の予想、非農業部門就業者数は7.5万人減少と
前回の6.2万人減から若干の悪化が見込まれています。予想上は強
弱まちまちで、過度に悲観的に見る必要はないと思われますが、今
週末である今夜に耐久財受注や住宅指標、ミシガン大指数に対し、
かなり楽観的な反応を示してしまったことにより、来週、予想より
悪い数字が出た場合の反動(急激なドル売り)には注意したいとこ
ろです。米景気は落ち着きつつあるとの見方が出ている反面、まだ
底入りを迎えていない、とする声もマーケットでは根強いからです。
今週も市場を翻弄した原油価格も来週は大きな材料になるでしょう。
今週は大きく調整されましたが、夏期のガソリン需要、そして秋か
ら冬に向けての需要観測そして潜在している人口大国の需要観測が
残存する限り、あくまで今回の原油下落は調整に過ぎない、と考え
られます。
そして、金融機関の損失観測。来週は英国・欧州系の決算発表が予
定されています。28日にABNアムロ、30日にHBOS、ロイズTSB、
31日にドイツ銀行、そして8月1日にロイヤルバンク・オブ・スコッ
トランドです。特に米金融機関の損失がどれほど波及しているのか、
現状計り知れないために、発表がとりわけマイナスのサプライズに
なる可能性は高く、損失拡大が嫌気されればドル売りに反応すると
みて間違いないでしょう。なお、欧州系のある金融機関で、欧米の
金融機関の損失計上は半年からそれ以上にわたり続く可能性が高い
との見方を示しているところさえあります。
ドル円は踊り場を迎え、そしてユーロドルが再び盛り返すような展
開になると予想しますが、いずれにせよ、材料が多いだけに波乱の
週になりそうで、気持ちの準備が大事かもしれませんね。
posted by 為替取引FXnavi at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。