■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年08月30日

協調介入の記事

ドル円は行ったり来たりで方向が見えてきません。こんななか米系
大手金融機関のテクニカルアナリストが「ドル円の売り」推奨の見
通しをレポートで発表しました。このアナリストは以前ポンド円の
売りを推奨していて、レベルは覚えていませんが、「そんなに落ち
るかなぁ?」と思うほど利食いレベルを下に設定して、半信半疑だっ
たのですが、そのレベルを今では更に下回るところまで下落する状
況となってます。なのでちょっと無視できないレポートだと思って
いるのですが、今回のターゲットは103円台となっています。ちな
みにS/L(損切り)は、111円台に乗せたら撤退となっていました。
果たしてどうなるのでしょうか?昨日の経済紙に協調介入の記事が
ありましたが、「何故、いま?」という思いがしたのですが、何か
悪いニュースが近々に出るのではないかと言う噂もあります。それ
に備えてマーケットを牽制したとか・・・ となると上記アナリス
トの見通しが更に期待できそうに見えてきます。110円台が非常に
重いので確かに来週あたりから、ドル円は下攻め開始なんてことも
ありそうです。当面は110円をバックに戻り売りスタンスで行こう
かと思ってます。
posted by 為替取引FXnavi at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105721747

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。