■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年09月05日

トリシェECB総裁、 ウェーバー独連銀総裁

ユーロ圏の発言で相場を動かす方の発言といえば、トリシェECB総裁、
ウェーバー独連銀総裁、そしてユンケル・ユーログループ議長が直
ちに浮かびます。ユンケル議長は事前に講演や会見を予定するとい
うことはあまりなく、突如として発言、しかもユーロ相場について
割りと具体的なコメントを発することが多いため、マーケットでは
サプライズになるようです。
そのユンケル議長が、今夜「ユーロはドルに対してまだまだ過大評
価されている」と発言。ユーロ売りの引き金になりました。さらに
レベルにも踏み込み、「1.60ドル(史上最高値レベル)で推移する
よりも1.44ドルまたはそれ以下の水準(現在のレベル)のほうが、
経済のファンダメンタルズをよりよく反映していると思われるので、
望ましい」と発言。実質、今のユーロ相場の下落を後押しする形と
なりました。
なお、ユンケル議長とは別にIMFのマスード・アーメド報道官も
「IMFは、ユーロがなお高水準になるとみている」との見解を示しま
した。
ユーロ売りにお墨付きを与えるような発言が相次いで出たことで、
ユーロ売りはまだまだ続く気配。
posted by 為替取引FXnavi at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。