■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年04月27日

ユーロ建ての銀行間3ヶ月物金利

欧州市場では、ユーロ建ての銀行間3ヶ月物金利が上昇を続けてい
て、過去2ヶ月間で0.46%上昇し、今日の指標金利は4.83%となりま
した。この水準は昨年12月18日以来の高水準で、欧州の銀行間の信
用リスクへの懸念が再び強まっている事が判ります。(ECBの政策
金利4%と整合的なレベルを大幅に上回っています。)

ECB筋から、利上げの可能性の言及があり、これがユーロド
ルの1.60ドル台乗せをもたらした訳ですが、銀行間市場の金利が既
に上昇している現在、ECBが利上げすれば、更なる市場金利上昇が
現出します。この為、欧州の銀行の決算に多大な影響が出るととも
に、益々貸し渋りが強まる事になりますから、利上げは簡単な事で
はないと思われます。

その一方で、欧州のインフレ率は確かにECB発足後の最高水準にあ
り、インフレの番人を自認するECBとしては引き締め気味の政策を
維持すると提唱し続ける事は必須となり、結局、ユーロドルは下が
り辛い状況も続く事でしょう。それに、もしユーロ高無しに、この
原油高、食料品の値上がり状況が続けば、欧州のインフレ率はもっ
と高いものとなっていたはずですから、ECBとしてもユーロ高は痛
し痒しでもある訳です。

今日は、又、ユンケル・LUX首相が口先介入し、ユーロドル、ユー
ロ円ともに一時値下がりする動きが見られましたが、先程から、ユー
ロドルは反発していますし、ユーロ円も164円台半ばまでは値を戻
しました。まあ、ユーロ円はドル円の上値がそれなりに重い事から、
なかなか目に見えた上昇を見せてはくれませんが、逆にドル円が急
落しない限りは大きく値を下げる事も無いでしょうから、ドル円の
動きを注視しながら、ロングポジション・キープで、じっくりと上
昇を待つスタンスを続けようと思っています。
posted by 為替取引FXnavi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。