■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年05月24日

ニュージーランドは乳製品の輸出に大きく依存

今週半ば、久々にある外銀ストラテジストさんのお話を聞きにいく
機会がありましたが、そのお話の中では今年はとりわけポンドとNZ
ドルは弱気になるだろう、との見通しでした。それ以外にも、豪ド
ルも若干の弱気、ドルも弱気としていましたが、ポンドとNZドルは
これまで高金利通貨として脚光を浴びていただけに落ち込みも激し
いだろう、とのことです。
ポンド・・・は、英国で実質賃金の低下が著しく一般家計の消費が
圧迫されているほか、家計のローン借入能力の低下も著しいようで
す。特に主要国との比較で、英国の家計は総じて可処分所得以上の
借入をしているのだそうです。一方で英国でインフレが進んでいる
ことは、同国のCPIやPPIの数字からみて鮮明です。これらの状況は
決してポンドにとってよい状況ではないだろう、とのことでした。
もっとも今週の動きはポンドドルは反発基調でしたが、昨年11月に
つけた高値からのレジスタンスは必ずしも崩れているわけではあり
ません。どこかで下降トレンド再燃、のシナリオには注意したほう
がよいと考えられます。
もうひとつのNZドル・・・は、ニュージーランドは乳製品の輸出に
大きく依存しており、昨年は旱魃の影響で乳製品価格が上昇したこ
とがNZドル上昇をもたらしましたが、今年は降雨が予想され乳製品
も下がると予想されるため乳製品下落を通じてNZドルも下落する、
というお話でした。この天候絡みのシナリオは個人的には半信半疑
に思いますが、NZでも景気減速は懸念されており、またオーストラ
リアと違って鉱産資源を大規模に産出するわけでもないため、原油
や金の上昇はインフレや住宅ローンなどマイナス要因に作用しても
プラス要因には作用しないでしょう。そう考えたとき、NZドルも下
がらざるをえないのかもしれません。実際、NZドル円の最近の動き
をみても上にいくような兆候はあまり感じられませんので・・・。
posted by 為替取引FXnavi at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。