■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年05月29日

「原油本位制」のマーケット

先週、今週とニューヨーク時間の値動きをウォッチしていますが、
日本時間で1時(ロンドン時間で17時)を過ぎると急に値動きが乏し
くなります。しばし静かになって、NY株式市場の引け間際にまた賑
やかになって・・という感じです。本日も相変わらず「原油本位制」
のマーケットでございまして、NY時間の朝方は強い米耐久財受注と
原油相場の軟調地合いを材料視し、株高&ドル買い/円売りとなっ
ていたものの、一時125.96ドルまで弱含んだNY原油が現在は131ド
ル台に急反発していることから、株安&ドル売り/円買いとなって
いるようです。原油反発のきっかけはモルガン・スタンレーの北海
ブレンド原油が1バレル150ドルまで上昇する!という内容のレポー
ト発表の模様ですが、こういう日にはネガティブなニュースも相次
ぎまして、モノラインのアムバックが損失計上を発表!、自動車大
手フォードが米国内で12%の人員削減を発表!、JPモルガン証券が
米証券大手3社の4-6月期と08年通年の利益予想引き下げ!などなど、
逆にNYダウの下げが50ドル安まででおさまっていて、底堅い!と感
心してしまうぐらいです。。

posted by 為替取引FXnavi at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98475154

この記事へのトラックバック



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。