■豪ドルで稼ぐランキング上位者のリアルな現実は。。

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】



2008年10月04日

オセアニア通貨売りは、まだ続く

世界景気と企業業績の悪化懸念が引き続き重しになっている
ので、ドル買い、欧州・オセアニア通貨売りは、まだ続くと個人的
に思う。要するに、今後米国以外の欧州、英国、オセアニアなどは
利下げモード入りでしょうね!米国と他国の金利差縮小と日本は、
超低金利==>だから、クロス円は再度踊り場があれば、戻り売り
スタンスでレッツゴーですかね!と言うことで当方は、10月は柔軟
にあまり熱くならず、跳ねたらドル円、クロス円売りから入って買
戻しの短期回転売買に徹します。
posted by 為替取引FXnavi at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

欧州景気の懸念や利下げ観測

今年もあと3ヶ月となり、今後の為替相場の動向ですが、再び株価
との相関を強めていくならば、キーワードは「リスク資産回避の円
買い」「リスク資産選好の円売り」でとりわけ前者になるように思
います。今年に入って株式相場が活況になる場面は殆どみられませ
んでしたが、今回、米金融安定化法案が成立したとしても、国内に
しても米国にしても、金融システムの回復にはなお時間がかかるこ
と、金融機関の破綻をきっかけに労働市場への不透明感が強まるこ
と、さらに物価上昇には依然歯止めがかかっておらず消費を圧迫し
ていること、を鑑みると株式市場が勢いづくようなムードは感じら
れません。結局のところ株式相場の下落に連れてリスク回避の円買
いがさらに膨らんでいき、ドル円は100円を目指した動き、クロス
円も軒並み総崩れになる可能性が高いと思われます。
リスク資産回避・・といえば、このところNY金が反発地合いを強め
ていることも注目され、再び900ドル台回復を窺う展開となってい
ますが、一頃NY金とユーロドル相場の相関性に注目していたものの、
最近は欧州景気の懸念や利下げ観測などを背景にユーロが逃避先の
通貨として機能しなくなったのか、回避先として(これまでのスイ
スフランなどよりもむしろ)「円」に集中しているように見受けら
れます。
年末に向けて、特にクロス円はまだまだ下、の可能性と考えられま
す。
posted by 為替取引FXnavi at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

米銀行間市場でのドル供給不足

米銀行間市場でのドル供給の不足は依然として続いており、
FRBが日銀やECB、英国、カナダ、スイスなどの主要中央銀行とのド
ル供給枠を6200億ドルに拡大すると発表しましたが(日本円にする
と65兆円!)。ドル不足で投資銀行のみならず、商業銀行そして一
般部門でも、資金調達難の懸念が強まっており、今週も予断を許さ
ないといえそうです。
posted by 為替取引FXnavi at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

外貨売り/ドル買いの流れ

米国では業績の悪化などから、金融機関や投資ファンドが利益確保
の為、利の乗っている海外資産の利食いをはじめており、資金のフ
ローではしばらく外貨売り/ドル買いの流れが出る可能性もあります。
このフローが終われば元の状態に戻ります。なので目先ドルが上昇
しているからと言って、市場に安心感が戻ったと考えるのは間違い
と思われます。110円、115円へと上昇を見込むよりは、100円、95円
へと下落する可能性の方が高いのではないかと思ってます。テクニ
カル分析を見ても、売りシグナルが見え始めているので、特にドル
買いは損切りをしっかりと決めて臨んだ方が良いでしょう。
posted by 為替取引FXnavi at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルが破綻

米国では昨日、貯蓄貸付組合(S&L)最大手・ワシントン・ミューチュ
アルが破綻しましたが、米国の金融不安が変な形で世界中に飛び火
しているようなのです。一昨日あたりからは、香港の東亜銀行と云
う地場の銀行が取り付け騒ぎに遭い、今日はベルギーの最大手銀行・
フォーティスの株価が急落し、取り付けに発展しそうな事態が起こ
り、ベルギーとオランダはてんやわんやの騒ぎとなっているみたい
です。その他にも、今週の週初には、産油国のオマーンで銀行間金
利が急騰する騒ぎもあり、何処で何が起こるか判らない状況になっ
ています。まあ、我が国でも、不動産、建設業を中心に毎日のよう
に破綻話が報じられていますから、さながら、「悪い噂は千里を走
る」と云った感じとも云えます。確かにリーマンにしても、ワシン
トン・ミューにしても突然死に近い破綻でしたから、全ての金融機
関がお互い疑心暗鬼となっていても仕方無いのでしょう。
posted by 為替取引FXnavi at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

スワップポイントが通常とは大きく異なる

ここ最近、スワップポイントが通常とは大きく異なる数値となって
います。この動きの背景について説明いたします。
通常、スワップポイントは2国間の金利差からある程度、理論的に
数値を導き出すことが出来ます。しかしながら、この数日につきま
しては理論的な数値でないスワップポイントで市場の取引が行われ
ています。この理由は大きく2つほど考えられます。

1.金利の動きがあまりにも激しい状況が続いている事が原因と言え
ます。米国の政策金利はFF金利となりますが、通常は2.00%前後
で取引されています。しかし、金融不安、それに対するFRBの資
金供給などの影響で、ここ数日は高い時には6%や7%、低い時には
0.5%まで急激に上下する状態となっています。このような動きが
各国通貨の金利市場で起きているため、たとえ理論値が出たとして
も、わずか数分後には全く違う数値になります。従って通常とはか
け離れた数値になってしまうわけです。

2.リーマン・ブラザーズ証券の破綻、AIGの支援決定などを通し
て、世界的に金融市場は不安定な状況となっています。銀行や証券
会社は明日はどの金融機関が破綻するのか?と言う疑心暗鬼の中で
の取引を強いられています。従って、スワップ(ポジションの持ち
越し)にかかる取引を行う事は、実際の決済が行われる数日後まで
世界の金融機関が破綻することがないことが保証されなければ、リ
スクを負う事になります(実際に取引は成立しているので、リスク
を負っています)。通常、クロス円の買いポジションを持ち越すと、
スワップポイントは受け取りになりますが(金融機関が払う形)、
現状、金融機関はスワップ取引を行いたくないため、スワップポイ
ントを払って取引する事は行わず、むしろスワップポイントを受け
取ってなら取引をしてもいいよ、と言うスタンスに変わっています。
それほどリスクを回避する姿勢が強まっています。悪いスワップポ
イントを提示することで、取引量を減らしリスクを増やさないよう
に努めています。

これが現状のスワップポイントにかかる動きの実体です。実際に朝
と、夕方、夜で取引されているスワップポイントは、通常の為替相
場と同じくらい激しく変動しています。金融市場の先行きが不透明
の状態が続く限りこのような状況は続くと考えられます。ただ、ス
ワップポイントは1万通貨に対して1日数十円〜数百円の金額となり
ますが、相場が日々2円、3円、4円と動いている中では、相場変動
による損益は2万円、3万円、4万円となるので、FX取引をする上で
は、むしろこちらに目を向ける方が大切でしょう。
posted by 為替取引FXnavi at 19:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

来月の豪中銀の金融政策決定では利下 げはなし、とする情報

朝のオセアニア時間帯で、来月の豪中銀の金融政策決定では利下
げはなし、とする情報が流れ、豪ドル円が急上昇する場面が見られ
ました。豪中銀(RBA)は9/2に0.25%の利下げを行ったことで、タカ
派からハト派へそのスタンスが鮮明となっていましたが、今後の追
加利下げについてはマーケットの予想も混沌としてきました。
来週は、16日に金融政策決定理事会議事録公表(9/2分)と、17日に
スティーブンス豪中銀総裁の講演が予定されています。前者は利下
げ決定をした会の議事録であるため、弱い内容になるのは必至です
が、後者の中銀総裁講演で利下げスタンスや景気認識に新たな変化
がみられるのか、注目したいと思います。
豪州の場合、米国を端緒とする住宅・金融不安や原油高で景気が圧
迫された反面、原油など商品価格の上昇が追い風になった側面もあ
り、とりわけ商品高が豪州景気に与えた影響はプラスマイナス双方
の方向があると考えられます。利下げ打ち止めが明確になれば、景
気に対する弱いムードが一蹴されて、豪ドル買いのきっかけになる
可能性はあるかもしれません。
posted by 為替取引FXnavi at 06:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

リスク資産回避の円買いの傾向

韓国産業銀行のリーマン買収撤退観測
で米株安が進んでいるほか、日本やアジア、欧州株も軒並み下落。
そしてドル売りと同時に円買いも顕著にみられるなど、主要テーマ
が原油安から株安に変遷しつつある印象を受けました。
原油についてはOPECが減産の可能性を打ち消したことや、NY原油が
100ドルの大台に接近してきたことで、下値達成感も強まり、テーマ
としては十分消化された、というところのようです。
一方で蒸し返された米株安、そして世界同時株安。NYダウは13,000
ドル水準から下落の一途をたどった後11,000ドル近辺で下げ止まり
はしたものの、この2ヶ月間は大雑把に見て11,000ドル〜12,000ドル
のボックス圏内の推移にとどまっており、米景気減速懸念や金融シ
ステム懸念がまだ決して払拭されていないことの投影とも考えられ
ます。
株安そしてリスク資産回避の円買いの傾向が今後強まっていくのか、
マーケットが薄いといわれている昨日今日の動きからはまだ判断で
きませんが、原油相場よりも株価下落を睨んだ急激な円買いには、
今後警戒しなくてはいけないと考えられます。
posted by 為替取引FXnavi at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

ファニーメイとフレディマック

週末にファニーメイとフレディマックの米政府・管理下策が発表さ
れ、円絡みは早朝から先週売り込んだポジションの激しい買戻しと
なりましたから、日足チャートには所謂「窓」が開いています。こ
の窓が意外に重要で、窓を埋めて更に下落する場合は売り、窓を埋
められない場合は買いとなります。超短期で相場に入るのなら、流
れに乗れば良いと思いますが、慎重に対応するなら、マーケットが
週末のニュースを消化するのを待って、窓埋め状況を確認してから
勝負するのも一手と考えます。
posted by 為替取引FXnavi at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

注目された米雇用統計は

注目された米雇用統計は失業率、非農業部門雇用者数とも市場予想
を下回る数字となり、ドル売りの引き金となりました。ただ今日は
早朝からドル売り/円買いが加速し、ドル円が下値をつけていること
もあり、達成感もあってのことか、NYタイムでは思ったほどのドル
売りにはなっていません。ただベージュブックの非常に弱い内容と、
今夜の米雇用統計の非常に弱い数字で、米景気へのマイナスイメー
ジがまた決定的になったように思います。従って今夜のショートカ
バーの動きに騙されてはいけない・・・と感じてしまいます。


スワップ派のポジションは?
豪ドル・NZドル上位ランキング




posted by 為替取引FXnavi at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

トリシェECB総裁、 ウェーバー独連銀総裁

ユーロ圏の発言で相場を動かす方の発言といえば、トリシェECB総裁、
ウェーバー独連銀総裁、そしてユンケル・ユーログループ議長が直
ちに浮かびます。ユンケル議長は事前に講演や会見を予定するとい
うことはあまりなく、突如として発言、しかもユーロ相場について
割りと具体的なコメントを発することが多いため、マーケットでは
サプライズになるようです。
そのユンケル議長が、今夜「ユーロはドルに対してまだまだ過大評
価されている」と発言。ユーロ売りの引き金になりました。さらに
レベルにも踏み込み、「1.60ドル(史上最高値レベル)で推移する
よりも1.44ドルまたはそれ以下の水準(現在のレベル)のほうが、
経済のファンダメンタルズをよりよく反映していると思われるので、
望ましい」と発言。実質、今のユーロ相場の下落を後押しする形と
なりました。
なお、ユンケル議長とは別にIMFのマスード・アーメド報道官も
「IMFは、ユーロがなお高水準になるとみている」との見解を示しま
した。
ユーロ売りにお墨付きを与えるような発言が相次いで出たことで、
ユーロ売りはまだまだ続く気配。
posted by 為替取引FXnavi at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

NZ円の上値

NZ円の上値が重くなっています。週足では8月の第3週に長い下ヒゲ
が出て、底入れの可能性もありましたが、先程その長いヒゲを下抜
きました。以前にもお伝えしましたが、ヒゲを抜ける時には、追撃
が鉄則ですから、海外時間に入ると更に下落するかもしれません。
下値のポイントは、71.50銭(90月移動平均線)、月足一目均衡表の雲
下限(70.30銭)、更に68円割れレベル(06年5月の安値)等です。買い
場はまだまだ先に感じます。スワップコストを払っても、売る方が
良いと思いますが・・・。
posted by 為替取引FXnavi at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GSEの破綻懸念から金融不安が

昨年の8月の急落はサブプライムローン問題が金融不安に波及したこ
とから円キャリーの巻き戻し。今年の3月はベアスターンズ破綻が金
融不安の再燃となって円買いとなってます。そして今回のきっかけ
と思われるのがGSEの破綻懸念から金融不安が広がった、というとこ
ろまでは同じだったのです。それがやがて米国以外の景気後退と利
下げ懸念となってドル買い、円買いが進んでしまった。なんだか話
が大きくなり過ぎてどこまで行ったら出口なのか見当すら付け辛く
なってしまったのです。もしかするとその角を曲がったらすぐ其処に出口があるのかも知れないし、本当にまだまだ始まったばかりなのかも知れない。兎に角今は自分が悲鳴を上げる方にならないよう流れに乗っていく、出来れば歓喜の悲鳴を上げたい。
posted by 為替取引FXnavi at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

豪ドルは70円辺りまで・・・

ある意味、楽な相場になってます。売れば儲かります。昨年は買え
ば儲かる相場でしたが、完全に流れは変わっています。本日の豪ド
ルなどは圧巻でした。利下げで下がったわけではありませんが、昨
日、教科書通りに売っていれば2円以上も儲けることが出来ました。
売りに回った方はどれだけいるでしょうか?原油相場も大幅に下落
して、資源国通貨受難の時代です。スワップ派にとっては冬の時代
到来かもしれません。ユーロ円が120円、130円、140円と上昇してい
く時に一体何処まで上がるんだ!?と思っていましたが、まさか170
円手前まで行くとは考えてもいませんでした。従って今回の下落は
一体何処まで!?ユーロ円は本当に120円や130円、ポンド円も170円
とか、豪ドルは70円辺りまで・・・というのも、ないとは言い切れ
ません。せっかくのチャンスです。売りから入る取引をここで試し
てみては。今週は英中銀、ECBの政策金利のアナウンスメントもあり
ます。更に下落の可能性もあるので、まだまだ儲かるチャンスはあ
るかもしれません。
posted by 為替取引FXnavi at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国政府が住宅関連の支援策を発表

英国政府が住宅関連の支援策を発表しました。大雑把な内容では、
ひとつには初めての住宅購入者やローン返済困難者向けの支援策、
もうひとつは不動産購入時に課せられる印紙税の条件緩和です。
これらの支援の規模は総額10億ポンドになるのですが、日本円にし
て2000億円程度。これで住宅市場の回復に繋がるか、となると英国
内でも懐疑的な見方が強いようです。
英国は、特に住宅市場の良し悪しが消費全体の強弱を左右しますが、
今回の英政府の発表はプラスの知らせというよりは、結局のところ
英国住宅市場の厳しさをまた再確認するきっかけになってしまうよ
うに思われます。やはり当面、ポンド売り圧力は避けられない・・・
と見ます。
posted by 為替取引FXnavi at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

福田首相の辞任表明


福田首相の辞任表明を受けて円売り!と思ったんですが、反応は今一。
やはり日本の政治ネタは為替の材料にはなりにくいのかぁ、と思っ
ていたのですが一時間以上経ってようやく円売り。まあこれだけ売
り込まれた後で、しかも北米がお休みとあってはそろそろショート
カバーとなっても不思議ではないタイミングでありました。そう考
えるとむしろ戻りが鈍いというイメージ。いい戻りが出来たとみて
ユーロ円、ポンド円、クロス円をショートといたしました。
posted by 為替取引FXnavi at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

協調介入の記事

ドル円は行ったり来たりで方向が見えてきません。こんななか米系
大手金融機関のテクニカルアナリストが「ドル円の売り」推奨の見
通しをレポートで発表しました。このアナリストは以前ポンド円の
売りを推奨していて、レベルは覚えていませんが、「そんなに落ち
るかなぁ?」と思うほど利食いレベルを下に設定して、半信半疑だっ
たのですが、そのレベルを今では更に下回るところまで下落する状
況となってます。なのでちょっと無視できないレポートだと思って
いるのですが、今回のターゲットは103円台となっています。ちな
みにS/L(損切り)は、111円台に乗せたら撤退となっていました。
果たしてどうなるのでしょうか?昨日の経済紙に協調介入の記事が
ありましたが、「何故、いま?」という思いがしたのですが、何か
悪いニュースが近々に出るのではないかと言う噂もあります。それ
に備えてマーケットを牽制したとか・・・ となると上記アナリス
トの見通しが更に期待できそうに見えてきます。110円台が非常に
重いので確かに来週あたりから、ドル円は下攻め開始なんてことも
ありそうです。当面は110円をバックに戻り売りスタンスで行こう
かと思ってます。
posted by 為替取引FXnavi at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売りスタンスの方がリスクが少ない

ドル円は、目立った材料が見られない中、ユーロドルやポン
ドドルが上昇(欧州通貨買い・ドル売り)したこと等を受けて、一
時円108.99円まで値を下げる展開になっています。積極的にドル円
を売り進める雰囲気はないものの、本邦輸出企業などの纏まったド
ル売り注文が意識されていることや、クロス円が引き続き軟調地合
いであるため、ドル円は売りスタンスの方がリスクが少ないような
気がします。ここ直近、108円台後半で下げ渋っていますが、日足
チャートの一目均衡表の基準線(108.60/65円)を下抜ける状況と
なれば・・ストップロス(損切り)のドル売りなどを巻き込みなが
ら、108.15円(8/21安値)割れを試す動きになるかなとイメージし
ています。
posted by 為替取引FXnavi at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

ユーロドル、ポンドドルは更に大幅 下落

ユーロ円、ポンド円等は、20日移動平均線と90日移動平均線がデッ
ドクロスしていますから、売りに見えます。一方でドル円は、90日
移動平均線と200日移動平均線がゴールデンクロスしていまして、
買いに見えます。クロス円が売りでドル円が買いと言うことは、物
凄いドル買い相場になって、ユーロドル、ポンドドル等は更に大幅
下落するものの、ドル円はクロス円の影響を受けて上値が重たくな
る、つまり、これまでと同じような展開がまだ続くと予想出来ます。
昨日、勢いでドル円を売ってしましたが、先程買い戻しました。ク
ロス円が急落する局面では、勿論ドル円の売りも有りですが、それ
ならユーロドル、ポンドドルか、クロス円を売る方が効率が良いと
思います。
posted by 為替取引FXnavi at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

リスク回避姿勢の強まり

各国株価の下落などを背景にリスク回避姿勢が強まり、豪ドル円な
どのクロス円は軟調な値動きになっています。この時間帯(日本時
間PM12時過ぎ)は短期投機筋らの利益確定!?と見られる買い戻し
が入り、やや反発していますが・・この動きも一巡すれば海外時間
では再び下値を窺う展開になるかなとイメージしています。クロス
円は各通貨とも総じて下値に纏まったストップロス(損切り)注文
が噂されていることに加えて、日足チャートでは下落トレンドの継
続が示唆されている感じなので、戻り売りスタンスの方がリスクが
少ないような気がします。以前は下押しが加速した場合、すかさず
買いが入って値を戻す傾向が強かったのですが、ここ最近は自立反
発も限定的に留まっているので、買いポジションを維持して我慢し
ている投資家の投げ(損切り)がそろそろ活発化するかもしれない
ですね。
posted by 為替取引FXnavi at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



為替取引業界No.1の口座数・預かり額
外為どっとコム


FXの情報面ではおそらく最強。
独自のオセアニアレポート、
南十字星レポートは非常に内容が濃い。
FX口座を開けば、入金なしでも
為替情報だけゲット可能。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。